タナカ・STUDIO 映像・造型 タナカケンイチ

監督・造型・イラスト タナカケンイチのブログです!

「モスゴジ」テストショット②

乾いたらいよいよ組立、塗装です。
 
まずはバリ取りパーティングライン取りですね。
  
 
 
↑ニッパー、ナイフ、リューターで削っていきます。
 

 
↑今回、背ビレを繋げ三列にしてはめ込む方式にしたのですが、やはり複製の段階で微妙なズレが生じたのか微妙に合いません…。リューターやナイフで削ってハマるようにします。隙間はどうしても生じますのでパテで埋めるつもりで。
 
この時、細い背ビレパーツの歪みでハマらなかったので、再度背ビレのみ熱湯に通して治します。
 

 
↑熱湯から上げて柔らかいうちに三列背ビレを背中にハメます。ゴムで固定して冷ますと歪みが治りました。
 

 
↑仮組みして作戦をたてます。
接着前に、プライマー・サーフェイサー・塗装を済ませる箇所などを検討。
まず接着前に全ての下地処理と顔と目周り・口内の塗装を済ませることにしました。
 
  
 
接着面にマスキングをしてプライマー・サーフェイサーを吹きます。
 

  
今まではプラサフという缶スプレーを吹いていたのですが、最近はガイアノーツのプライマーサーフェイサーを薄めてエアブラシで吹いています。
缶スプレーだと量の調整が出来ないので塗りすぎになりモールドを潰してしまう可能性が高いのです。しかもゴジラは鱗のモールドが深いので、何度も重ねて吹くことになり、結果潰してしまうのです。
エアブラシなら量の調節もでき、融通が利きます。
黒とグレーがあるのですが、私は混ぜてダークグレーにして吹いています。
勿論プライマー効果も兼用しており、筆塗りも出来ます。
 

 
↑サーフェイサーを吹き、ラッカー系塗料で爪や歯をホワイトフレッシュ、歯茎を赤系、目をホワイト、背ビレをグレーとフレッシュを混ぜたもので下地塗りをしました。
 
次は頭部と三白眼の目部分の塗装と組立てです。
 
<③へ続く>
 
 
関連記事
  1. 2016/01/12(火) 04:49:08|
  2. モスゴジ組立方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「モスゴジ」テストショット③ | ホーム | 「モスゴジ」テストショット① >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fs-tanaken.jp/tb.php/48-da8bc05a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タナカ ケンイチ

Author:タナカ ケンイチ
「タナカ・STUDIO」代表
田中健一
監督・脚本・助監督・造型・イラストレーター
1978年生まれ。長崎県出身。
佐賀大学文化教育学部美術工芸課程デザイン科卒業。
監督作:NHK「野田ともうします。」シリーズ
「鈴木先生」「たべるダケ」のタイトルバック
フジ「それでも僕は君が好き 第3話」等…
2014年から造型も始める。ゴジラを中心にワンダーフェスティバル等にディーラー出展している。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日々のこと (16)
造形のこと (55)
映像のこと (9)
未分類 (7)
WF2015夏 (12)
WF2016冬 (11)
モスゴジ組立方 (5)
WF2016夏 (3)
「初ゴジ」組立方 (1)
WF2017冬 (4)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR