タナカ・STUDIO 映像・造型 タナカケンイチ

監督・造型・イラスト タナカケンイチのブログです!

シン・ゴジラ 最終告知!

「ゴジラ2016 第4形態」完成サンプル出来ました!
 
写真をアップ致します。
こちらは胴体を半透明レジンの中空で抜きましたが、真空脱泡出来ないのでテストショットではやはり気泡が免れませんでした。
半透明では気泡の確認も中々出来ないので、製品としては非常に不安が残ります。
ですので、製品版はノーマルレジンの中空にすることにしました。しかし、中空ですので裏から内部から電飾すると光を通します。首回りときょうぶの発光を再現する事が出来ます。
また、今回はやってませんが、脚も中空ですので、電飾で光らせることは可能です。
 
一体製作した感触では、無駄な光漏れを気にする必要がないので、良い塩梅で内部発光を再現する事が出来るのではと考えています。
 予約開始は7月30日朝10時から!
ホームページとワンフェス会場にて行います!
お支払いは、当日現金*2週間以内の銀行振込*クレジットカードとなります。
勿論目安でして、ご支払いのタイミングの相談はお気軽にお問い合わせ下さい。
可能な限り対応致します。
宜しくお願い致します✨
追記 発送は9月頭以降となります!
 


  1. 2017/07/28(金) 20:26:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シン・ゴジラ完成です

「ゴジラ2016 第4形態」原型が完成しました。
 
昨日、業者に発送しました。
これで7月中旬にはテストショットが上がって、7月30日のワンフェスでは完成サンプルを展示出来ると思います。
 
昨年8月2日に作り始めて約11ヶ月。長かったです。
始めてのデカ物ということもありますが本当に手こずりました。
情報量の密度と対照への解釈の振り幅は、他のキャラとは比べものにならず、造型への落とし込みに非常に時間がかかってしまい、案の定いつものように沼にハマっていきました。
 
しかし、スタンスは崩さず、アレンジやハードモールドは極力入れず、スクリーンに映ったシン・ゴジラを表現したつもりです。
 
登場後の鎌倉からタバ作戦付近をイメージしています。
 
制作方法は、丸めたアルミホイルに軽量石粉粘土で覆い芯にしたものにスカルプトクレイで成形。しかし途中からグレイファンドに変更。モールド全てをファンドに置き換える作業とマテリアルの混在で、造形し辛い環境を作ってしまい、非常に苦労しました。
背ビレも2~3種類を型取りで増産しようとしましたが失敗。結局、一枚一枚作り込む地獄の作業になりました。
 
表皮のゴーヤみたいな鱗は、様々なスタンプを作って試しましたがなかなかしっくりこず。極小ワイヤーツールを押し当て小さな粒々を作り、硬化後リューターと超音波カッターで整形という方法に落ち着きました。
  
全高約38cm 尻尾約80cm 全長約1m
 
胴と尾は中空成形
胴・尾先までの背中・背ビレは半透明レジン
とし、電飾可能にしました。
価格はまだ未定です。
恐らく4~5万になります。
7月30日からHPとWF会場で予約受付開始します。
 
宜しくお願いします。
 
シンゴジ原型 - 1
シンゴジ原型 - 2
シンゴジ原型 - 3
シンゴジ原型 - 4
シンゴジ原型 - 5
シンゴジ原型 - 6
シンゴジ原型 - 7
シンゴジ原型 - 8
シンゴジ原型 - 9
シンゴジ原型 - 10
シンゴジ原型 - 11
シンゴジ原型 - 12
シンゴジ原型 - 13
シンゴジ原型 - 14
シンゴジ原型 - 15
シンゴジ原型 - 16
シンゴジ原型 - 17
シンゴジ原型 - 18
シンゴジ原型 - 19
シンゴジ原型 - 20
シンゴジ原型 - 21
複製確認0624
  1. 2017/06/25(日) 11:27:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新作「ゴジラ1964」完成

お待たせ致しました。
 
新作「ゴジラ1964」
 
完成品サンプルが出来上がりました!
 

 
開田裕治先生が1983年に描かれたイラスト
「迫り来る巨獣」をイメージして造型した作品です。
 
これは当時バンダイより発売された特撮コレクションというプラモシリーズ「ゴジラ」の箱絵としても使われました。
 
全高32cm(ゴジラのみ)
未塗装未組立レジンキットとして
2/19開催「ワンダーフェスティバル2017冬」にて当日版権として発売致します。
 
価格は
「ゴジラ1964」単体のみ ¥30,000-
ベース ¥3,000-
となります。
 
宜しくお願い致します!
 



 
 
  1. 2017/02/06(月) 21:00:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シンゴジ立体化

シン・ゴジラ、映画を観るまでは手をつけないと決めていました。が、ついに鑑賞。傑作だったため我慢できず立体化に踏み切る決意をしました。
 

 
まずは「シンゴジSD」全高8cmくらいでしょうか。
スカルピーファームの芯にクレオスから出たMrスカルプトクレイで作っています。尾はもっとおおきくしないといけませんね。これは間に合えば12月のホビーラウンド、間に合わなければ次のワンフェスで出す予定です。
 

 
そしてシンゴジ リアル版
 
ふわっと丸めたアルミホイルに軽量石粉粘土で覆って芯を作っています。全高35cmの予定。デカイです!
 

 
そして脚まで盛ったところ。まだ乾いていないので変な置き方になってます。乾燥後、削ってラドールを盛り、形をだしていきます。
その後、スカルプトクレイで覆いシワやモールドを入れていく予定です。
 
 
これは来年冬ではなく夏のワンフェスで出したいと考えてます。果たして上手くいくかどうか…
 
 
  1. 2016/08/03(水) 03:45:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ワンダーフェスティバル2016夏

お久しぶりでございます。
 
全く更新せずに申し訳ありません。
 
7月24日開催「ワンダーフェスティバル2016夏」の当日版権アイテムですが、東宝様より無事許諾を頂くことが出来ました。
 
新作として
 
「初ゴジ」
20cm
レジン組み立てキット
価格 19,000円
 
 
※写真は前回の参考展示時のものです。
これからサンプルの製作に入ります。
 
他再販として
 

 
再販物も在庫が少なくなっております。
これを機会に宜しくお願い致します。
 
一般版権ものとして
ディフォルメ2種を用意しております。
 

 
「GMKゴジラSD」「ゴジラ2014SD」
共に全高約7cm
レジン組み立てキット 4000円
です。
 
 
宜しくお願い致します。
 
  1. 2016/06/29(水) 11:34:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

タナカ ケンイチ

Author:タナカ ケンイチ
「タナカ・STUDIO」代表
田中健一
監督・脚本・助監督・造型・イラストレーター
1978年生まれ。長崎県出身。
佐賀大学文化教育学部美術工芸課程デザイン科卒業。
監督作:NHK「野田ともうします。」シリーズ
「鈴木先生」「たべるダケ」のタイトルバック
フジ「それでも僕は君が好き 第3話」等…
2014年から造型も始める。ゴジラを中心にワンダーフェスティバル等にディーラー出展している。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日々のこと (16)
造形のこと (54)
映像のこと (9)
未分類 (7)
WF2015夏 (12)
WF2016冬 (11)
モスゴジ組立方 (5)
WF2016夏 (3)
「初ゴジ」組立方 (1)
WF2017冬 (4)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR